インプラント

インプラントとは

インプラントイメージ画像

インプラント治療では、事故や歯周病など何らかの原因で歯を失ってしまった場合に、人工の歯根と人工の歯を作成して失った歯を補う事が出来ます。
骨に人工の歯根を埋め込みますので慣れるまで多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。
人が物を噛むときの力は想像以上に大きいものですが、インプラントであれば骨に固定されているため一般的な入れ歯のようにガタつくことがありません。
また、歯冠の色や形も最新の歯科技術によって自分の歯と同じように作ることが可能です。

このページのトップへ戻る

術前 経過 術中 経過 術後

周りの歯を傷つけることなく、抜けた歯を補う事が出来ます。

このページのトップへ戻る

術前 経過 術中 経過 術後

抜けた歯が複数の場合でも治療できます。

このページのトップへ戻る

インプラント治療の流れ

  1. カウンセリング

    レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。 インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。 十分な審査と綿密な治療計画を立てた上で、患者さんに合わせた治療をすすめていきます。

  2. インプラントを埋め込む

    局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを挿入します。このインプラントが 新しい歯の土台となります。

  3. 治療期間

    インプラントと骨が結合し安定するまで約5~10週間待ちます。 (骨の状態など様々な条件によって期間が異なります)この間は、仮の義歯を使用することができます。

  4. アバットメント連結

    インプラントが完全に顎の骨と結合したら、アバットメントを連結します。 この状態で 歯肉が治癒するまで、個人差はありますが、1~6週間待ちます。

  5. 歯の装着

    インプラントのヘッドに医療用セメントを用いて、歯を装着します。これでインプラント治療は一応終了となります。 装着したインプラントを長持ちさせるためには治療終了後の定期的な検診とホームケアなどのアフターケアが大切になります。

このページのトップへ戻る

アフターケアについて

インプラントを入れた後のケアは、本物の歯と同様に日々の正しいブラッシングと定期検診が非常に重要です。
定期検診ではインプラント・歯茎の状態、咬み合わせなどを確認します。歯周病などのリスクを回避するためにも、定期検診は必ず受診してください。

このページのトップへ戻る

歯周病治療

歯ぐきが腫れる・血が出る~歯周病とは~

歯周病

歯周病は歯と歯ぐきの間に残った歯垢(プラーク)の中に潜む歯周病菌が繁殖することで進行していきます。歯ぐきの炎症や腫れなどの症状があり、歯周ポケットが深くなるにつれ歯の根を支える骨にも炎症が起き、そのうち骨が溶けて歯が抜ける原因になります。

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階

このページのトップへ戻る

歯周病の治療方法

まずは歯科医院で正しいブラッシング指導を受け、毎日しっかりとホームケアを行う事が大切です。しかし、みがき残しがどうしても出てしまうので、定期的に歯科医院でプロのクリーニングを受け、しっかりと予防ケアをすることが重要です。クリーニングを受ける期間としては症状によりますが、1~6ヶ月ごとに受けることをおすすめしています。

PMTC

PMTC
歯科衛生士が専用器具を用いて行うクリーニングです。毎日の歯みがきで出てしまったみがき残しを丁寧に除去します。施術後は歯がツルツルになり口の中もすっきりするのでぜひお試しください。

このページのトップへ戻る

歯科医院で行う治療方法

スケーリング

スケーリング
比較的軽度で歯周ポケットがあまり深くない歯周病に対して行います。歯や歯周ポケットに付着しているプラークをスケーラーという器具を使って取り除いていきます。

ルートプレーニング

ルートプレーニング
深くなってしまった歯周ポケットの奥に入り込んだプラークをキュレットという器具を使って取り除いていきます。

フラップ手術

フラップ手術
歯肉剥離掻爬(そうは)手術のことで、歯周組織の感染範囲がかなり広がった歯周病に対して行う外科的処置です。重度歯周病の治療では歯ぐきの奥にこびりついた歯垢・歯石をどれだけ取り除けるかがポイントになります。そのため歯ぐきを切開し、顎の骨からはがして歯根を露出させ、歯周ポケットの奥に付着した歯垢や歯石、感染した組織を取り除きます。

このページのトップへ戻る